紙箱のオーダーはオリジナルアイテムの配布にも便利です

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

展示会で粗品を配布する時、品物を紙箱に入れて贈呈する方法と箱を使わずに剥き出しの状態で贈呈する方法もあります。紙箱を利用した場合のほうが豪華さを印象付けられたり、貰った側も中に何が入っているのかなどの期待感を与えることが出来るメリットをがあります。
例えば、ボールペンを配布する場合でも、剥き出しの状態ではなく、贈呈などののし紙を記した形で提供すれば丁寧なことをする企業などのアピールにも繋がります。さらに、オリジナルで製作すれば、箱へのデザインの中に企業アピールを取り入れることも出来ます。オーダー方法は通販店を使うのが便利で、販促品を入れるためのアイテムを探し出し、デザインを選ぶ、もしくはテンプレートを利用して箱デザインを自ら製作しましょう。電子データを通販サイトに入校すれば自社だけのアイテムとして利用が出来るようになります。

材質や形式などは様々、利用したいものに合わせて選べます

紙箱をオリジナルオーダーしたい時には、箱の形式や素材などにこだわりを持つのがお勧めです。箱の形式にはミカン箱のような入れ物になるタイプ、お菓子のキャラメル箱のようなタイプ、ギフトセットなどを入れる時に利用する被せ式タイプなどがあります。
さらに、1枚もので被せ式のようなタイプ、他にも手提げ箱やピロータイプなど、贈呈する品物や相手など合わせて選べます。ちなみに、ギフトセットなどを入れる箱の場合は、上側と下側2つの箱が必要になりますが、これと同じような形で1枚の用紙を使って製作することも出来ます。上蓋と下箱が必要になるとコストも割高になりますが、1枚の用紙で箱と蓋の両方を作り、収納する時には蓋を被せるようにして使えるため経済的です。また、素材にはコートボールやカード紙、耐水耐油紙、色ダンボールなどの紙素材、PPやPETなどの樹脂素材もあるので比較しておくと良いでしょう。

箔押しなどの印刷加工は高級感を作り出してくれます

顧客に贈呈する販促品を入れる紙箱を作りたい時には、箱の形式や紙などの素材を選ぶ、そして印刷の手法を選ぶことが出来る通販店を使うのがお勧めです。箱や素材などは、大半のお店が同じようなものを用意していますが、印刷ともなると専門の会社でなければ出来ない加工もあります。幅広い印刷が出来るお店を使えばオリジナルオーダーが出来るなど便利です。印刷にはオフセットやシルク・UVなどがあり、箔押しなどのホットスタンプによる手法もあります。箔押しは金や銀などを押印する手法で、文字や模様などを表面に施す、これにより単に印刷を行うよりも見栄えが豪華になるなどの魅力を持つ手法です。豪華さを作り出したい時にも便利ですし、箔押し様々な素材に対応しています。

ピックアップ記事

種類豊富な紙箱の企画や制作の依頼

紙製の箱というのは多種多様なので、商品に合わせたパッケージを作ることが可能です。箱といっても様々で紙製の箱からダンボール箱、さらには透明クリアケースまで用途に合わせて制作を受けてくれるので大変便利です...

紙箱に印刷を施してオリジナルアイテムに

何か物を販売するときやお渡しするときなどに箱を利用されるという方は多いのではないでしょうか。もちろんシンプルな箱をそのまま利用するという方法もありますが、特別なものを入れるなら箱もオリジナルな雰囲気を...

紙箱のサンプル作成を行っている企業

スーパーなどのポリ袋や産地から発送される野菜の入った箱といったものにはデザインや名前がつけられています。世の中には、それを専門に行う企業があり、それらの企業では受注を受けてデザインの制作やプリントを行...


必要なこと